iTaLiA

La Divina Commedia

― DANTE 700 nel Mondo ―

ダンテ・アリギエーリ没後700年
「神曲」の世界を旅する

ダンテの格言とともに、縁の地を巡ります

La Divina Commedia

神曲 ― La Divina Commedia ―

ダンテ・アリギエーリの最高傑作とされる長編抒情詩「神曲」。
突然、森の中に迷い込んだダンテが、尊敬するウェルギリウスを案内人とし、地獄篇・煉獄篇・天国篇と未知の旅へと出かけることに。

  • Inferno

    地獄篇

    まずダンテが足を踏み入れるのは、地獄の世界。ダンテがイメージする地獄…それは彼の愛するフィレンツェのサン・ジョヴァンニ洗礼堂の天井モザイクに垣間見ることができます。

  • Purgatorio

    煉獄篇

    ダンテと案内人のウェルギリウスは、明るい世界を目指し暗い道を進み、地獄から出たふたりは空に光る星を仰ぎました。そして天国に近づくために、煉獄の山を登り始めます。

  • Paradiso

    天国篇

    ダンテはウェルギリウスと別れ、ひとりで天国の世界を体験します。多くの光に包まれた世界には、古代から中世に渡る哲学的・宗教的要素が散りばめられています。

Scroll

地獄篇 ― Inferno ―

ダンテ・アリギエーリ。
1300年代に活躍した詩人は、イタリア語の父とも言われています。

各詩でダンテは、イタリア各地の地名を紹介しつつ、古代から中世の実在の人物と出会います。
時空の旅とも言えるこの長編抒情詩を通してダンテは、私たちに様々なメッセージを残しました。
厳しくも温かく、常に前を見据える勇気をくれることもあるその言葉。

このサイトは、3つの篇の中で、特に知っていただきたい言葉を皆さまにご紹介しつつ、関連するイタリア各地のスポットに触れてもらうダイジェスト版です。

偉大なるダンテがこの世を去ったのは、1321年9月14日。
その旅立ちからちょうど700年となる今、さあ、「神曲」の世界へ一緒に旅へ出かけましょう。

Inferno

Scroll
Scroll
Scroll

煉獄篇 ― Purgatorio ―

地獄篇の第1歌は、西暦1300年の春で、復活祭の聖木曜日から聖金曜日の朝にかけての時間をダンテは想定しています。
その後、33の歌で地獄を巡り、この煉獄篇にたどり着いたとき、復活祭の日曜日の夜が明けます。
ダンテと案内人のウェルギリウスは、明るい世界を目指し暗い道を進み、地獄から出たふたりは空に光る星を仰ぎました。
そして天国に近づくために、煉獄の山を登り始めます。
次の世界にはなにが待ち受けているのか、2人と一緒に旅を続けましょう。

Purgatorio

Scroll
Scroll
Scroll

天国篇 ― Paradiso ―

ついに憧れの女性ベアトリーチェのいる天国へとたどり着くダンテ。
ここからはダンテはウェルギリウスと別れ、ひとりで天国の世界を体験します。
多くの光に包まれた世界には、古代から中世に渡る哲学的・宗教的要素が散りばめられています。
世界を照らすもの、天国の世界を体感しましょう。

Paradiso

Scroll
Scroll
Scroll

ダンテとともに巡る「神曲」への旅はいかがでしたか?

「神曲」は世界を駆け巡り、日本にも大きなインパクトを与えています。
初めて日本語訳をしたと言われる森鴎外をはじめとした日本の文豪たち、そして現代のアニメの世界。
例えば、永井豪氏の「デビルマン」も、ダンテの影響を受けています。
少し身近に感じてきたのではないでしょうか?

イタリアへ旅すると、実は身近にダンテを感じる機会があります。
それは2€硬貨。
ユーロ加盟国で発行される硬貨ですが、イタリアでは2€のデザインの中に、ダンテが含まれているのです。
このダイジェストサイトでダンテとともに時空を超えた小さな旅を終えたら、ぜひイタリアでダンテに触れる旅を体験してください。